クレジット審査 カードローンについて

カードローンについて

カードローンは、個人向けの小口融資のことですが、保証人を立てる必要もなく担保もなしで借り入れすることができます。カードローンには種類があって、どんな目的にも利用できるフリーローン目的のためだけに利用できる目的別ローンがあります。一般的には、使途自由であるフリーローンの方が目的別ローンよりも金利が高めに設定されています。

 

目的別ローンというと、自動車を買うための自動車ローン、家を購入するための住宅ローン、教育ローンなどがあり、きちんと使途が証明できるような書類の提出をする必要があります。その代わり金利が低めに設定されているので、目的がしっかりと定まっている場合にはお得に利用できます

 

また、審査の厳しいところは金利が低めに設定されていて、審査がゆるいところは金利が高くなると言われています。銀行などは審査に時間がかかったり審査基準が厳しい分、金利が低くなっている傾向があります。条件が良いという場合には、金利が高い場合が多いので、注意しましょう

 

ただ、最近は銀行系のカードローンでも審査時間が非常に短い商品も出てきています。消費者金融のカードローンとのサービスに差がなくなってきているのも事実なのですが、消費者金融と銀行では大きな違いがあります。借り入れの際には総量規制という規定が関わってきます。この総量規制の対象になっているのは貸金業者だけなので銀行系には適用されません。

 

総量規制によって、収入の3分の1までの金額までしか貸し付けを行ってはいけない、収入のない人に貸し付けをする場合には配偶者の収入の3分の1の金額までしか貸し付けを行ってはいけない、その際には配偶者の同意書や配偶者である証明書などの書類を提出しなければならないなどの規定があります。この規定によって、専業主婦の方が消費者金融からお金を借り入れることが厳しくなってしまいました。その点銀行系では総量規制が対象外なので、専業主婦の方には銀行系カードローンの人気があります