クレジット審査 クレジットカードの審査

クレジットカードの審査

クレジットカードは、申込みをする際に必ず審査があります
これはどのカード会社のものであっても必ずあります。

 

クレジットカードは、私たちがクレジットカードを使って決済したものを、カード会社が一時的に立て替えてお店に支払ってくれています。そのカード会社がお店に支払った分を、後日請求という形で清算していくという仕組みです。この仕組みは、後から清算となるために信用関係に成り立っているものです。つまりカード会社は、クレジットカードを渡す前に、返済能力があるのかどうかをしっかりと見極める必要があるからです。信用した人にしかカード会社はカードを作ってくれません。

 

カード会社の審査の基準は、それぞれに規定が定められているのと公表はされていないために細かいところはわかりません。ただ一般的には、年収、就労形態、年齢、今までに返済遅延などの金銭トラブルの有無などが審査基準となっているようです。

 

当然ですが、収入のない人であれば返済能力があるとは認められにくいので、少しでも毎月収入があるのかどうかを確認します。勤務先も安定している職業の方が当然有利です。

 

フリーターや自営業の方は、収入が不安定と思われやすく会社員の方に比べると審査基準が厳しくなってしまうでしょう。また、住居も審査のポイントになることがあります。

 

信用できるのかどうかを見極めるものなので、賃貸であっても一定期間住んでいる場合には問題にならないのですが、例えば長期ホテル住まいでちゃんとした住所がない・・・などという場合にはクレジットカードが作れないケースもあります

 

特に注意なのが、過去の返済状況についてです。過去のクレジットカードの利用履歴や消費者金融などからの借り入れ状況などの金銭的な面でトラブルがなかったかどうかを確かめます。万が一過去に返済滞納などがある場合にはクレジットカードが作れないことが多いでしょう。

 

また、カード会社によっても審査基準が異なり、一般的に銀行系のカードの審査は厳しいと言われています。