クレジット審査 審査に通らない人の特徴

審査に通らない人の特徴

クレジットカードを作ろうとしても、どうしても審査に落ちてしまうという人がいます。クレジットカードの審査に通らない原因は何なのでしょうか?
一般的に考えられるものをピックアップしてみました。

 

まずは、クレジットカード会社が定めている基準に達しないような金銭面でのトラブルが過去に合った場合です。過去に、カードの返済が遅延し滞納している場合、現在すでに他の会社から借り入れをしている場合、ここ数ヶ月で何社も申込みをして審査に通っていない場合、自己破産などの債務整理の過去がある場合などが考えられます。

 

このようなことがあると、申込みの際に隠していても調べられればすぐにわかってしまいます。また、短期間に複数社のカード会社の申込みをしている場合も通らないことがあります。各社から限度額いっぱいの借り入れをして、返済しないでそのまま踏み倒す・・・などというトラブルがあるからです。あてはまる項目がある場合には、あらかじめ伝えて相談してみるとよいでしょう。

 

 

次に、申込書の記載に間違いやウソが記載されていたりなどのミスが多く目立った時にも通らないケースがあります。審査をしてもらうための書類なので、就職活動でいえば面接の際に必要は履歴書のようなものです。履歴書では誤字脱字や間違いがあるとマイナスイメージになってしまいますよね。

 

それと一緒です。申込書に記載漏れや誤字脱字、記入ミスが多いとそれだけで信用性が低い人間と判断されてまったり、返済の意志がないのではと思われてしまいます。審査に大きく影響してしまうので、記入ミスがないように充分注意しましょう。

 

学生やフリーターなど、毎月安定した収入がないと見なされてしまうと審査が通らない可能性があります。また勤務期間が短い場合も同じです。返済計画が立ちにくいと判断されてしまいがちです。

 

住居も大切なポイントで、長年住んでいる住所がない場合や、シェアハウスに住んでいる場合、住居を持たずホテルに滞在しているなどという場合には審査に非常に不利になってしまいます。